コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

自他不二と知魚楽

仏教(禅)に、「自他不二」という言葉があります。
 自分と他人は「不二」(二ならず、別々ではない)、あなたと私はひとつですよ、という教えです。
 すなわち、相手が喜んでいるときは自分のことのように喜び、相手が悲しんでいるときは自分のこととして悲しみを共にする。自分と相手との間に垣根を作らない、全部「私のこと」として受け止めていく、そんな仏さまの心のあり方のことです。
 もし相手が物の場合でも同じです。もし不注意でお鍋をガチャン!とぶつけたら思わず自分が「痛い!」と叫んでしまうような…。

 おばあさんは、自分が持ち主でもないのに、持ち主ならきっとそうしたであろう「ありがとう」の言葉を、とっさにかけずにはいられなかったのですね。
 こうありたいと願ってはいても、なかなかそうはなれないものですが、私はこのおばあさんの「ありがとう」のあたたかなひと言に、自他不二の仏さまの姿を見た思いがしたのでした。


知魚楽 in 2010 荘子「秋水」の最後に次の一節があります。

「ある時、荘子(紀元前四世紀頃)と恵子(けいし)が川のほとりを散歩していました。

恵子はものしりで議論の好きな人でした。

荘子;魚が水面に出てゆうゆうと泳いでいる。あれが魚の楽しみだ。

恵子;君は魚じゃない。魚の楽しみがわかるはずがないじゃないか。

荘子;君は僕じゃない。僕に魚の楽しみがわからないということがどうしてわかるのか。

恵子;僕は君でない。だからもちろん君のことはわからない。君は魚ではない。
だから、君には魚の楽しみがわからない。僕の論法は完全無欠だろう。

荘子;ひとつ議論の根元にたちもどってみよう。君が僕に、君にどうして魚の楽しみがわかるか、
と聞いた時にはすでに君は僕に魚の楽しみがわかるかどうかを知った上で聞いたのではないか。
僕は濠水のほとりで魚の楽しみがわかったのだ。」


[白文]
1.季子将伐セン臾、冉有季路見於孔子曰、季氏將有事於セン臾、孔子曰、求、無乃爾是過与、夫セン臾、昔者先王以為東蒙主、且在邦域之中矣、是社稷之臣也、何以為伐也、冉有曰、夫子欲之、吾二臣者、皆不欲也、孔子曰、求、周任有言、曰、陳力就列、不能者止、危而不持、顛而不扶、則将焉用彼相矣、且爾言過矣、児虎出於甲、亀玉毀於読(正しい漢字は「きへん」)中、是誰之過与、冉有曰、今セン臾固而近於費、今不取、後世必為子孫憂、孔子曰、求、君子疾夫舎曰欲之而必更為之辞、丘也聞、有国有家者、不患寡而患不均、不患貧而患不安、蓋均無貧、和無寡、安無傾、夫如是、故遠人不服、則修文徳以来之、既来之則安之、今由与求也、相夫子、遠人不服、而不能来也、邦文崩離析而不能守也、而謀動干戈於邦内、吾恐季孫之憂、不在於セン臾、而在蕭牆之内也、

[書き下し文]
季氏、将にセン臾(せんゆ)を伐たんとす。冉有(ぜんゆう)、季路(きろ)、孔子に見(まみ)えて曰く、季氏、将にセン臾に事あらんとす。孔子曰く、求よ、乃ち爾(なんじ)是れ過てること無からんや。夫れセン臾は、昔者(むかし)先王以て東蒙(とうもう)の主と為し、且つ邦域の中(うち)に在り。是れ社稷(しゃしょく)の臣なり。何を以てか伐つことを為さんや。冉有曰く、夫子これを欲す。吾二臣は皆欲せざるなり。孔子曰く、求よ、周任(しゅうにん)に言あり曰く、力を陳べて(のべて)列に就き、能わざれば止む(やむ)と。危うくして持せず、顛(くつがえ)って扶け(たすけ)ずんば、則ち将た(はた)焉んぞ(いずくんぞ)彼(か)の相(しょう)を用いん。且つ爾(なんじ)の言は過てり。虎・児(こじ)、甲より出で、亀玉(きぎょく)、トク中に毀たれば(こぼたれば)、是れ誰の過ちぞや。冉有曰く、今夫のセン臾は固くして費(ひ)に近し。今取らずんば、後世必ず子孫の憂いと為らん。孔子曰く、求よ、君子は夫(か)のこれを欲すと曰うを舎(お)いて必ずこれが辞を為すことを疾む(にくむ)。丘(きゅう)は聞けり、国を有ち(たもち)家を有つ者は寡なき(すくなき)を患えず(うれえず)して均し(ひとし)からざるを患え、貧しきを患えずして安からざるを患うと。蓋し(けだし)均しきときは貧しきこと無く、和すれば寡なきこと無く、安んずれば傾くこと無し。夫れ是くの如し、故に遠人(えんじん)服せざるときは則ち文徳を修めて以てこれを来たし、既にこれを来たすときは則ちこれを安んず。今、由と求とは夫子を相(たす)けて、遠人服せざれども来たすこと能わず、邦(くに)分崩離析(ぶんぽうりせき)すれども守ること能わず、而して、干戈(かんか)を邦内に動かさんことを謀る(はかる)。吾恐る、季孫(きそん)の憂いはセン臾に在らずして蕭牆(しょうしょう)の内に在らんことを。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

日本は震災で「二流国家」となってしまうのか?

日本は震災で「二流国家」となってしまうのか? (人民網日本語版 2011年4月15日)

 日本経済は地震、津波、放射性物質の漏えいという一連の災害により大打撃を受けた。国際経済界は日本経済の未来についてどのようにとらえているのだろう? 北京大学・朗潤園で13日、「朗潤・捜狐(SOHU)経済学者フォーラム」が行われた。フォーラムのテーマは「日本経済:困難を乗り越えて再起するか、それとも長期的な不況に陥るのか?」。
 清華大学の袁鋼明教授は、日本経済の行く末に悲観的な見方を示し、「1990年代のバブル崩壊は日本経済のターニングポイントとなり、日本経済はこれ以降『失われた20年』に突入した。そしてこのたび発生した大地震は再び日本に大打撃を与えた。日本経済はこれで再起不能となり、長期的な不況に陥り、日本は二流国家となるだろう。日本の政治経済制度の遅れは深刻であり、日本の経済成長を阻んでいる」と述べた。

 一方、私は袁鋼明教授の観点は悲観的過ぎると考える。確かに、日本経済は短期的には深刻な打撃を受け、復興も厳しい道のりとなるだろう。しかし、これはもしかしたら、日本の変革に向けたターニングポイントかもしれない。注目すべき問題には、以下の4点が挙げられる。

(1)日本経済の復興に存在する多くの困難

 日本はまだ復興予算を公表していないが、現在の日本の財政状況から見ると、日本政府が財政支援策を発動するのは難しい。なぜなら、日本の国民と企業には日本国債を大量購入し続ける力が無く、日本銀行も「国債現金化」政策を大々的に行う力がないからだ。このため、日本円の信用危機がもたらされる可能性がある。

(2)国際的な分業体制が大きく変化する可能性

 分業体制の変化は、日本企業と世界の産業界が日本の安全性に疑問を抱くために起こる。これにより、2つの結果がもたらされる可能性がある。1つは、海外企業が中間製品の調達先を日本本土に集中せず、各地に分散させることだ。しかし、日本の製品は短期的には代替が利かないため、このプロセスには時間がかかると見られる。もう1つは、日本企業がコア部門を海外に移転し、長期的に続いてきた「雁行(がんこう)型」発展モデルを放棄することだ。コア技術と工場がアジア又はその他の地域に移転することで、日本経済の空洞化は免れないが、生存を維持するという角度から見ると、この可能性も否定できない。

(3)日本政府の外交と国際的な経済戦略が変化する可能性

 震災後、日本が周辺国家との関係を改善できるかどうかにはまだ未知数だ。しかし日本にとって、災害が発生する確率は戦争の可能性よりも高い。このため、日本政府は日本経済及び国民が生存する空間を得るために、外交政策を見直し、アジア諸国との良好な関係を保ち、地域経済一体化を能動的に推進していく可能性がある。

(4)長期的に停滞していた日本の社会改革が新たな動力源を得る可能性

 災害が去った後、日本は政治制度・経済体制を見直し、改革を推進するだろう。災害の苦しみに直面し、日本社会では利益をめぐる意見の相違が減ると思われる。これは改革に向けた共通認識の形成にプラスとなる。このほか、東電の不手際やトヨタリコール事件などは、日本企業がすでに従来の伝統的な日本企業ではなくなったことを示している。株主利益の最大化が日本企業文化の中心となりつつある。これは、企業の社会的責任感の低下を表す一方で、日本企業が拡大と利益に向けた強い欲望を持っていることも意味する。これは日本企業の生命力のありかだと言える。

 日本は今後、発展の谷間に突入するかもしれないが、二流国家とはならないだろう。東アジア経済の主導的な地位は中国に明け渡すかもしれない。しかし、中国がもし国際的分業分野で日本と同じ地位を獲得しようとすれば、それはそれで多くの困難がある。なぜなら、中国は技術革新と知的所有権保護面がまだまだ不十分であり、民間投資が抑制されているからだ。これは中国企業の国際的競争力を制約する要素となる。(作者・中華工商時報副編集長、財政経済評論家・劉杉、編集SN)

 「人民網日本語版」2011年4月15日
このページのトップへ
コンテントヘッダー

散砂 (さんさ)

天児慧(早稲田大学大学院教授)
 1947年生まれ、政治学者。社会学博士。
 専門は中国政治、現代中国論。

天児先生が、孫文は 「中華民族は散砂 (さんさ) である」 といっていた。
散らかった砂であって、まとまりがない。 民族ってものがない。 だから民族というものをもっと盛りたてなければならない、と孫文はいってる。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

日本人は倹約を旨とし

「最後の忠臣蔵」 完成報告記者会見

杉田監督: かつての日本人は倹約を旨とし、清貧を美として、己を律して、他人に尽くすことを善としてきました。 そういった日本人の美しさを描いた作品が出来ました。 かつての日本映画が持っていたようなテンポ、芝居、美意識があるものが出来上がったと思います。

役所: 国民的なドラマ 「北の国から」 の監督である杉田監督の世界がよく表れている作品だと思います。素晴らしい出演者の方々と一緒で、刺激的で楽しい現場でした。

佐藤: 僕も含めて今の日本人には伝わりにくい言葉だと思うのですが、 「清貧」 「忍耐」 という言葉では表現しきれない、日本人の持つ忍ぶ感情その美しさがこの映画にはあると思います。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

朝鮮戦争 上 *工事中*

ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争』  
デイヴィド・ハルバースタム/山田耕介・山田侑平 訳 (文藝春秋)

(95ページ) 「地勢的要点朝鮮
マッカーサーが韓国に関心がなかったとしても、この不運な国への姿勢はその時代のアメリカ人としては典型的すぎるほど典型的といってよかった。 朝鮮はアメリカの政治プロセスにもアメリカ人の心情にも結びつくところがなかった。 中国は長くアメリカ人の心を引きつけてきた。 その多くが貧しく、もがき苦しむ中国人に、妙なことだが、深い家父長的な温情を向けた。 日本は賞賛されたり、恐れられたりした。 いっぽう、朝鮮はアメリカ人の心を引きつけず、関心さえ引かなかった。 ホーマー・ハルバートという宣教師が1906年にこう書き記している。 「朝鮮人はあしざまに中傷されることは多いが、高く評価されることはめったにない。 いっぽうでは人口の面で中国の陰に隠れ、他方では才気の点で日本に見劣りする。 前者のようなよい商人゛はなく、後者のようなよい戦士でもない。 だが、一緒に暮らすには東洋でこれほどすばらしく楽しい人々はいない。 かれらのさまざまな欠点は、いたるところに広がるわれわれの無知の結果としてのたとえば流れのようなものであり、機会の改善はかれらの境遇にすみやかな向上をもたらすだろう」。


(157ページ) [最初の植民地戦争
大統領はウィリアム・マッキンリーだった。 オハイオ州出身の共和党員で、アメリカが太平洋における帝国主義的大国として新たな役割に突き進むことに複雑な矛盾する感情を抱いていた。
……
フィリピンで現地の民族的指導者らが求めたのはただ一つ、スペイン帝国主義者らの退去だった。 民族主義者は当初、アメリカの支援を歓迎したが、アメリカの意図はアメリカの利益第一、フィリピンの利益第二であることに気づく。  

(158ページ)
 それはアメリカ初の本物の植民地経験であり、幸せな経験ではなかった。アメリカ軍とフィリピン反乱軍が最初に銃火を交えたのは、1899年2月のことらしい。 アメリカの力と野心の点で、アメリカがフィリピンで実施した残忍な反乱鎮圧作戦は次世紀に発生する大半の事件の先駆けになるものだった。
 
(158ページ)
 アメリカ軍はフィリピン群島にキューバの戦争の付録のつもりでほとんど気楽に侵攻した。 ……後で分かったことだが、フィリピンのスペイン植民地は取ってくださいといわぬばかりの存在だった。 そこでアメリカが取ったのだった。
 
 マッキンリー大統領はフィリピンが特別欲しかったわけではなかった。 かれは 「このいまいましい島々が二千マイル以内のどこにあるのか知らなかった」 とある友人に漏らしている。
……
 アメリカが新たに手に入れた経済力を世界に誇示したい国内の圧力には独自の勢いがあった。
…… 
 ワシントン・ポスト紙はこう指摘した。 「力の自覚という新しい意識がわれわれに芽生えてきたようだ。 それとともに新たな貪欲、すなわち、われわれの……野心、利害、領土への飢え、プライド、単なる戦いの喜びを顕示する欲望など、それがなんであれ、われわれは新しい知覚に活気づいている……帝国の味はジャングルの中の血の味のように人々の口中にある。 それを帝国主義的政策という」。 
(159ページ)
 アメリカはフィリピン経営の当初は、スペインの植民地政府に挑戦しスペイン後の独立を目指して戦った反乱勢力の同盟者――ほとんど戦友――だった。 アメリカは本来、非植民地国家だとかれらに保証していた。 だが、時の経過とともに、アメリカは結局は残忍で醜い弾圧戦争に手を染めてしまう。 ここで二つの強いアメリカの本能が顕在化する。 つまり、白人キリスト教徒の責務として土着の民を文明化するためアメリカはこの群島に植民者的責任を負うべきだとする伝道者的衝動と、反乱ゲリラを ”黒んぼ” とか ”グーグーズ” (東洋人の蔑称) と見下す毒性の強い人種差別である。  

(161ページ) 
 暴力はエスカレートしたばかりか、次第に凶暴になっていった。 アメリカ軍の通称 "大音声のジェイクス" ことジェイコブ・スミス准将は部下に「捕虜はいらない。 殺して焼いてしまえ。 おまえたちが殺せば殺すほど、焼けば焼くほど、ゆまえたちはわしを喜ばせてくけるのだ。 実戦で武器を持てる捕虜は全員殺せ」 と命じた。 部下の一人が年齢制限を設けるよう求めたところ、 「十歳だ」 とスミスはいった。 「十歳ですか。 十歳の子がアメリカに刃向かえますか?」 と部下は聞き返した。 「そうだ」 とスミスは答えた。 戦争は三年半つづきアメリカ本国では日に日に人気がなくなっていった。 戦争の終結を促進させたのは1901年、ファンストン将軍による大胆な急襲とアギナルド反乱軍司令官の逮捕だった。 結局、フィリピンで4200人のアメリカ兵が死に、2800人が負傷した。 この戦闘でフィリピン側は2万人の兵士、25万人もの民間人が死亡した。


(282ページ)
ケナンにとって力とは (皮肉にも、スターリンにとっても同様に) 必要があればだちに軍事力に転用できる工業力のことである。 わが国に大いに影響する唯一の世界は工業諸大国の世界である


(323ページ) [宣教師たちの中国] 
 多くのアメリカ人の心の中に存在した中国は、アメリカとアメリカ人を愛し、何よりもアメリカ人のようでありたいと願う礼儀正しい従順な農民たちが満ちあふれる、幻想の中の国だった。 普通の農民が 

(ページ)

(390ページ) 
 だか、もちろん送られた先は韓国だった。 彼はこの国がすぐに嫌いになった。 その小さくない理由は到るところに漂ってくる臭気だった。 即席の肥料にする人間の排泄物のニオイで、かれだけではなく多数の米兵を悩ませた。 韓国の国民がとりわけ好意的ではないのも嫌いな理由だった。 韓国人は植民地支配下の歳月を恨み、アメリカ軍が象徴する将来に不安を感じていた。 ほかの米兵は日本がどれほど楽しかったか、敗北し勝者の模倣に熱心な日本人がどんなに友好的になっているかをビーラーに語って聞かせた。 


(ページ) 
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。