コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

朝鮮戦争 上 *工事中*

ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争』  
デイヴィド・ハルバースタム/山田耕介・山田侑平 訳 (文藝春秋)

(95ページ) 「地勢的要点朝鮮
マッカーサーが韓国に関心がなかったとしても、この不運な国への姿勢はその時代のアメリカ人としては典型的すぎるほど典型的といってよかった。 朝鮮はアメリカの政治プロセスにもアメリカ人の心情にも結びつくところがなかった。 中国は長くアメリカ人の心を引きつけてきた。 その多くが貧しく、もがき苦しむ中国人に、妙なことだが、深い家父長的な温情を向けた。 日本は賞賛されたり、恐れられたりした。 いっぽう、朝鮮はアメリカ人の心を引きつけず、関心さえ引かなかった。 ホーマー・ハルバートという宣教師が1906年にこう書き記している。 「朝鮮人はあしざまに中傷されることは多いが、高く評価されることはめったにない。 いっぽうでは人口の面で中国の陰に隠れ、他方では才気の点で日本に見劣りする。 前者のようなよい商人゛はなく、後者のようなよい戦士でもない。 だが、一緒に暮らすには東洋でこれほどすばらしく楽しい人々はいない。 かれらのさまざまな欠点は、いたるところに広がるわれわれの無知の結果としてのたとえば流れのようなものであり、機会の改善はかれらの境遇にすみやかな向上をもたらすだろう」。


(157ページ) [最初の植民地戦争
大統領はウィリアム・マッキンリーだった。 オハイオ州出身の共和党員で、アメリカが太平洋における帝国主義的大国として新たな役割に突き進むことに複雑な矛盾する感情を抱いていた。
……
フィリピンで現地の民族的指導者らが求めたのはただ一つ、スペイン帝国主義者らの退去だった。 民族主義者は当初、アメリカの支援を歓迎したが、アメリカの意図はアメリカの利益第一、フィリピンの利益第二であることに気づく。  

(158ページ)
 それはアメリカ初の本物の植民地経験であり、幸せな経験ではなかった。アメリカ軍とフィリピン反乱軍が最初に銃火を交えたのは、1899年2月のことらしい。 アメリカの力と野心の点で、アメリカがフィリピンで実施した残忍な反乱鎮圧作戦は次世紀に発生する大半の事件の先駆けになるものだった。
 
(158ページ)
 アメリカ軍はフィリピン群島にキューバの戦争の付録のつもりでほとんど気楽に侵攻した。 ……後で分かったことだが、フィリピンのスペイン植民地は取ってくださいといわぬばかりの存在だった。 そこでアメリカが取ったのだった。
 
 マッキンリー大統領はフィリピンが特別欲しかったわけではなかった。 かれは 「このいまいましい島々が二千マイル以内のどこにあるのか知らなかった」 とある友人に漏らしている。
……
 アメリカが新たに手に入れた経済力を世界に誇示したい国内の圧力には独自の勢いがあった。
…… 
 ワシントン・ポスト紙はこう指摘した。 「力の自覚という新しい意識がわれわれに芽生えてきたようだ。 それとともに新たな貪欲、すなわち、われわれの……野心、利害、領土への飢え、プライド、単なる戦いの喜びを顕示する欲望など、それがなんであれ、われわれは新しい知覚に活気づいている……帝国の味はジャングルの中の血の味のように人々の口中にある。 それを帝国主義的政策という」。 
(159ページ)
 アメリカはフィリピン経営の当初は、スペインの植民地政府に挑戦しスペイン後の独立を目指して戦った反乱勢力の同盟者――ほとんど戦友――だった。 アメリカは本来、非植民地国家だとかれらに保証していた。 だが、時の経過とともに、アメリカは結局は残忍で醜い弾圧戦争に手を染めてしまう。 ここで二つの強いアメリカの本能が顕在化する。 つまり、白人キリスト教徒の責務として土着の民を文明化するためアメリカはこの群島に植民者的責任を負うべきだとする伝道者的衝動と、反乱ゲリラを ”黒んぼ” とか ”グーグーズ” (東洋人の蔑称) と見下す毒性の強い人種差別である。  

(161ページ) 
 暴力はエスカレートしたばかりか、次第に凶暴になっていった。 アメリカ軍の通称 "大音声のジェイクス" ことジェイコブ・スミス准将は部下に「捕虜はいらない。 殺して焼いてしまえ。 おまえたちが殺せば殺すほど、焼けば焼くほど、ゆまえたちはわしを喜ばせてくけるのだ。 実戦で武器を持てる捕虜は全員殺せ」 と命じた。 部下の一人が年齢制限を設けるよう求めたところ、 「十歳だ」 とスミスはいった。 「十歳ですか。 十歳の子がアメリカに刃向かえますか?」 と部下は聞き返した。 「そうだ」 とスミスは答えた。 戦争は三年半つづきアメリカ本国では日に日に人気がなくなっていった。 戦争の終結を促進させたのは1901年、ファンストン将軍による大胆な急襲とアギナルド反乱軍司令官の逮捕だった。 結局、フィリピンで4200人のアメリカ兵が死に、2800人が負傷した。 この戦闘でフィリピン側は2万人の兵士、25万人もの民間人が死亡した。


(282ページ)
ケナンにとって力とは (皮肉にも、スターリンにとっても同様に) 必要があればだちに軍事力に転用できる工業力のことである。 わが国に大いに影響する唯一の世界は工業諸大国の世界である


(323ページ) [宣教師たちの中国] 
 多くのアメリカ人の心の中に存在した中国は、アメリカとアメリカ人を愛し、何よりもアメリカ人のようでありたいと願う礼儀正しい従順な農民たちが満ちあふれる、幻想の中の国だった。 普通の農民が 

(ページ)

(390ページ) 
 だか、もちろん送られた先は韓国だった。 彼はこの国がすぐに嫌いになった。 その小さくない理由は到るところに漂ってくる臭気だった。 即席の肥料にする人間の排泄物のニオイで、かれだけではなく多数の米兵を悩ませた。 韓国の国民がとりわけ好意的ではないのも嫌いな理由だった。 韓国人は植民地支配下の歳月を恨み、アメリカ軍が象徴する将来に不安を感じていた。 ほかの米兵は日本がどれほど楽しかったか、敗北し勝者の模倣に熱心な日本人がどんなに友好的になっているかをビーラーに語って聞かせた。 


(ページ) 
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

朝鮮の文化主義

去年(2008年)買って今年(2009年)読んだ故・司馬遼太郎先生の言葉です。

司馬 遼太郎/陳舜臣/金達寿 著 歴史の交差路にて 日本・中国・朝鮮)」 (講談社文庫)
(59~59ページ) 朝鮮の文化主義

金: 李朝の朝鮮は、礼教に対しては本家以上ですね。それがいまの話を聞いて少しわかりかけた。 朝鮮は一種の純粋主義でしょう。 特に明から清になってからは、われこそは中華であるという意識になるでしょう。

司馬: 事実そう言っていいと思うな。

陳: 本来なら朝鮮民族は弁髪にする系統ですよ。 女真族も日本族もみな頭頂を剃って弁髪チョンマゲにしているのに、朝鮮族だけ頑として儒教的礼教を守って、頭を剃らなかったのですね。 


金: それだったからまずかった。 つらかった(笑)。


司馬: こんにちの食卓塩のように塩化ナトリウムとしての結晶体として、朝鮮半島で残る。 しかし本物の中国では、そんな結晶体は必要ないわけです。 海水のような形をとって十分不純物を許容している。 結晶までいくことはない。 中国の宋の時代の末期(12世紀)になると、朱子学なんか結晶主義みたいなのがちょっと出てきますけれども、本流とは言いきれない。 


金: それに対して、朝鮮は文化主義だな。

司馬: そうですね。

金: 中国に対しては特に文化主義をとっていまね。 李朝の支配階級は、年4度、使節を出して中国皇帝に礼をとっている。 中国から見ると、清朝にとっては、それだけ文明化してくれたというところだったかもしれない。



司馬: 文明化したほうが、つまり「華」であったほうが、清にとっても朝鮮にとっても相互に無害だったわけですね。


金: 

司馬: 

陳:


金: 

司馬:
 

(ページ)

505

このページのトップへ
コンテントヘッダー

韓国のカプチャン

司馬遼太郎 (著) 『街道をゆく(28) 耽羅紀行(たんらきこう)』
朝日文庫  2005年2月25日第13刷発行(1990年8月20日第1刷発行)

■耽羅紀行(韓国)
常世の国/焼跡の友情/俳句「颱風来」/三姓穴塋域の記/石と民家/"国民"の誕生/郷校散策/士大夫の変化/北から南への旅/父老とカプチャン/神仙島/モンゴル帝国の馬/森から草原へ/お札の顔/朝天里の諸霊
不滅の風韻/思想の惨禍/車のはなし/故郷/虎なき里/憑きもの話/近くて遠い/シャーマン/泉靖一氏のこと/赤身露体/『延喜式』のふしぎ

連載・週刊朝日 1986年3月21日号~9月19日号

『 耽羅紀行 』 は朝鮮半島の南に位置する済州島の紀行文です。


(132ページ~134ページ)
 康昌鶴氏は、私に、
「カプチャンというのをご存知ですか」
 と、いう。 甲丈とか等甲とかいう文字をあてるそうだが、同年齢という意味だという。 初対面で相手が同年齢とわかると、とたんに敬語がなくなりたがいに無害な悪口雑言(あっこうぞうごん)のやりとりをする。 そのやりとりをもふくめてカプチャンというのである。

 儒教社会は、年齢で拘束される。 尹学準氏り前掲の本(オンドル夜話)によると、年が倍以上の相手に対して父親に事(つか)えるようにし、十歳上だと兄に事えるようにする。 五歳上だと肩を並べていいが(友人としてつきあっていいが)ただし一歩さがるようにして待遇する、ということになっている。 人中(ひとなか)に入ると、相手の年齢を見て自分の礼をさまざまに変えねばならず、まことに気苦労なものなのである。
 
 そこで、同年齢という、上下の礼を用いずに済む相手を発見したとき、よろこびのあまり、爆発的にカプチャンをやる。
 私は、康昌鶴氏の年齢をきいた。 丙寅のうまれ、日本でいうと大正15年寅のとし、1926年である。
「あっ、姜在彦(カンジェオン)さん」
 と、私は康昌鶴氏の席からやや遠い場所にすわっているわが友を指さした。 そこで、カプチャンは炸裂した。 

 おどろいたことに、姜在彦(カンジェオン)さんも相当に戦い、しばしば受け太刀ながら、ときにお面に撃ち込んだりした。
 まことに絶妙な悪口漫才で、録音でもしておけば無形文化財の資料になるのではないかと思われるほどだった。
「姜在彦(カン、kwang)という名はギャングと似た音じゃないか」
 からはじまった。

 姜在彦氏は、髪が多く、かつ黒い。 これだけでも悪口のたねになる。 康昌鶴氏は突っこんできて、
「その髪じゃ、まだ生枯れと見たわい。 未練たらしくまだ人生に悩みがあるだろ。 あるなら、おれのとこへ言って来い。 ぜんぶ解決してやるよ」
 といったぐあいである。 姜在彦さんも負けはしなかったが、どうも舌がうまくまわらない。 

「こんな男に言っても壁に言ってるようなものだ」
 とやりかえしたが、日本にながくいてカブチャンの腕を磨いていないために、たじたじのようだった。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

朝鮮の文化主義

司馬 遼太郎/陳舜臣/金達寿 著 「歴史の交差路にて 日本・中国・朝鮮)」 (講談社文庫)
(59~59ページ) 朝鮮の文化主義

金: 李朝の朝鮮は、礼教に対しては本家以上ですね。それがいまの話を聞いて少しわかりかけた。 朝鮮は一種の純粋主義でしょう。 特に明から清になってからは、われこそは中華であるという意識になるでしょう。


司馬: 事実そう言っていいと思うな。


陳: 本来なら朝鮮民族は弁髪にする系統ですよ。 女真族も日本族もみな頭頂を剃って弁髪チョンマゲにしているのに、朝鮮族だけ頑として儒教的礼教を守って、頭を剃らなかったのですね。 




金: それだったからまずかった。 つらかった(笑)。



司馬: こんにちの食卓塩のように塩化ナトリウムとしての結晶体として、朝鮮半島で残る。 しかし本物の中国では、そんな結晶体は必要ないわけです。 海水のような形をとって十分不純物を許容している。 結晶までいくことはない。 中国の宋の時代の末期(12世紀)になると、朱子学なんか結晶主義みたいなのがちょっと出てきますけれども、本流とは言いきれない。 




金: それに対して、朝鮮は文化主義だな。


司馬: そうですね。



金: 中国に対しては特に文化主義をとっていまね。 李朝の支配階級は、年4度、使節を出して中国皇帝に礼をとっている。 中国から見ると、清朝にとっては、それだけ文明化してくれたというところだったかもしれない。





司馬: 文明化したほうが、つまり「華」であったほうが、清にとっても朝鮮にとっても相互に無害だったわけですね。


金: 

司馬: 


陳:
このページのトップへ
コンテントヘッダー

【萬物相】韓国の漢字教育

記事入力 : 2009/01/12 11:41:05 朝鮮日報日本語版

【萬物相】韓国の漢字教育

ハングル
 「“南北統一(南北が漢字、統一がハングル表記)”のハングルで書かれている“部分(漢字表記)”を“漢字(漢字表記)”に直しなさい」という、漢字とハングルを混ぜ書きした問題で、正しく答えられなかった学生が半数を超えた。「部分」や「漢字」という漢字を読めなかったため、問題の意味すら分からなかったというわけだ。「背水の陣(韓国語読みでは“ペスジン”)」を「プスチャ」、「幼稚(韓国語読みでは“ユチ”)」を「チョルチ」と読んだり、「文化」を「文花」、「学科」を「学校」と書いた解答もあった。これは数年前、ソウル大が「教養国語」を受講する学生1280人を対象に行った、基礎的な漢字の実力テストの結果だ。

 国語の実力は語彙力が基本だ。ハングル学会の『大辞典』に収録された16万4125語の語彙のうち、漢字語は8万5527語で、52.1%を占める。また、小学校の国語の教科書の55%、医学や哲学などの専門用語の95%が漢字語だ。漢字を知らなければ、語彙力や学習能力を高めることはできない。ハングル表記は同じでも、漢字でどう書くかによって意味がまったく異なる単語も無数にある。例えば、韓国語で「サギ」と読む漢字語の単語は「士気」をはじめ22語、同じく「チョンギ」と読む漢字語は「電気」をはじめ18語もある。

 1970年以降、小・中・高校の教科書から漢字が消えた。75年には中学・高校の教科書に再び登場したが、漢字とハングルを混ぜ書きするのではなく、カッコ内に漢字を入れる「漢字併用」だった。現在では小学校で漢文を教えることはなく、中学・高校でもドイツ語やフランス語と同等の選択科目にすぎない。大学修学能力試験(日本の大学入試センター試験に相当)で漢文を選択する受験生も17%にとどまっている。一方、北朝鮮では韓国の小学5年生に相当する高等中学校1年から大学まで3000字もの漢字を学生に学ばせている。

 このほど全国漢字教育推進総連合会が、小学校から漢字教育を行うよう求める建議書を大統領府に提出した際、首相経験者20人が署名したという。病床にある91歳の劉彰順(ユ・チャンスン)元首相を除き、11代・31代首相の金鍾泌(キム・ジョンピル)氏から38代首相の韓悳洙(ハン・ドクス)氏に至るまで、健在の首相経験者がほぼ全員署名したことになる。これは漢字教育推進連合会のチン・テハ理事長が、1年以上にわたって首相経験者一人一人に会って説得した成果だという。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権下で首相を務めたイ・ヘチャン氏、韓明淑(ハン・ミョンスク)氏、韓悳洙氏も賛同したことは、チン理事長も「ちょっと意外だった」という。理念や政治的な立場とは関係なく、漢字教育が深刻な問題に直面していることを誰もが認めたというわけだ。

 漢字を習得する過程において、ただ暗記するだけでは効果は小さい。例えば、「竜髭鉄(ばね)」が「竜の髭のような形の鉄材」であることを教えれば、子どもでも興味深く学ぶことができる。漢字が分かれば、長い文章を短くまとめる能力や、新たな言葉を作る能力も向上し、語彙が増えることになる。漢字教育は外国語の学習ではなく、国語力を正常なものにするために必要な前提条件となる。

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。