コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

天行健・君子以自彊不息

「天行健・君子以自彊不息」
天行健なり・君子もって自ら彊めて息まず 
易経より。
意味は天地、日月四時の変遷運行は、わずかの間もとぎれることなく規律正しく健全に行なわれて違うことがない。 また君子はかかる健全なる天の運行に則とり、おのれを修め、人と交わり、学問に励み職責を完うして、怠るところあってはならない。 あたかも天行の健なるがごとし。
というもの。

自彊不息」 なる語句は、中学生時代の前半は愚かにも何かが 「不足」 しているのかと思った。 その後、これを正しく読み下すと、 「自ら彊めて息まず (みずからつとめてやまず)」 であると知ったが、さらにその後、 (専門家でないので単なる憶測かも知れないが)  この語句の出典は中国の易経 (B.C500年代) の中の、 「天行は健なり、君子以て自ら彊めて息まず」 恐らくこれだろうと考えた。 天行、つまり天体の運行は、天地創造の太古からまことにすこやかであって、寸秒も休むことなくその軌道を運動している。人間も、すべからく天体の如く、たゆむことなく努め、人生の大道を進みなさいと、いう のであろう。


天行健なり」 とは、天地、日月四時の変遷運行は、わずかの間もとぎれることなく規律正しく健全に行なわれて違うことがないとの意。
君子はかかる健全なる天の運行に則とり、おのれを修め、人と交わり、学問に励み職責を完うして、怠るところあってはならない。 あたかも天行の健なるがごとし。


「富貴にも惑わされず 貧賎にもくじけず
貧賎にあっても志を変えず」 という ... 古代の知識人は、朱買臣をモデルとして、逆境にあっても信念を貫く執念をもち、努カを惜しまなければ、必ず出世できると強く信じていた。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ゆず蜜 レシピ

1. パン、ヨーグルト等、ジャムのかわりに。

2. 「ゆず蜜+水」 でジュース。 「ゆず蜜+お湯」 でホットドリンク。

3. ゆず蜜+酢(お好みの酢)+氷水でジュース。 

4. お好みの酢・調味料などで味を整えて酢のものにご利用ください。

5. お味噌を混ぜると、ゆず味噌ができます。 お好みで、しょうゆやゴマを入れると、ちょっとしたドレッシングに。 茹でたほうれん草、ブロッコリー、カリフラワーなどにかけてお召し上がりください。

6. 唐揚げの下味に。 鶏肉のくさみが消えて、お肉が柔らかくなり、美味しくなります。

7. 皮付きのりんごを四つ切にし、皿にラップをしてレンジで5分(お好みで)。 レンジから出し、ゆず蜜をかけてお召し上がりください。 サツマイモでもOK。

8. さつま芋をひと口大に切り、水を少々、ゆず蜜で煮詰めても美味しいです。 また大学芋のシロップがわりにも美味しくいただけます。

9. 焼酎と炭酸水にゆず蜜を入れるだけで、酎ハイにもなります。


このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。