コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

散砂 (さんさ)

天児慧(早稲田大学大学院教授)
 1947年生まれ、政治学者。社会学博士。
 専門は中国政治、現代中国論。

天児先生が、孫文は 「中華民族は散砂 (さんさ) である」 といっていた。
散らかった砂であって、まとまりがない。 民族ってものがない。 だから民族というものをもっと盛りたてなければならない、と孫文はいってる。

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

日本人は倹約を旨とし

「最後の忠臣蔵」 完成報告記者会見

杉田監督: かつての日本人は倹約を旨とし、清貧を美として、己を律して、他人に尽くすことを善としてきました。 そういった日本人の美しさを描いた作品が出来ました。 かつての日本映画が持っていたようなテンポ、芝居、美意識があるものが出来上がったと思います。

役所: 国民的なドラマ 「北の国から」 の監督である杉田監督の世界がよく表れている作品だと思います。素晴らしい出演者の方々と一緒で、刺激的で楽しい現場でした。

佐藤: 僕も含めて今の日本人には伝わりにくい言葉だと思うのですが、 「清貧」 「忍耐」 という言葉では表現しきれない、日本人の持つ忍ぶ感情その美しさがこの映画にはあると思います。
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。